2023年8月号特集② 将棋・囲碁の世界

将棋は、古代インドの「チャトランガ」というボードゲームが起源だとされています。
囲碁が生まれたのは約4千年前の中国で、どちらも日本にいつ伝わったのか、はっきりとはわかっていません。
ただ、残っている記録などによると、将棋は平安時代から、囲碁は奈良時代には行われていたようです。
近年は、20歳で史上2人目の七冠を達成した藤井聡太さんや、囲碁界史上最年少の13歳11か月でタイトルを獲得した仲邑菫さんなど、若い棋士の活躍が注目を集めています。
考える力や発想力が鍛えられ、集中力が身につくなど様々なメリットがある将棋と囲碁。
その基本ルールと楽しみ方について紹介しましょう。

〈入門編〉対局の前に、基本ルールをおさえよう!

  

「玉将」と「王将」…もともとあったのは玉将だけで王将ができたのはずっと後。現在は玉将と王将を併用することが多く、上位者が王将、下位者が玉将を使うのが一般的。この記事では玉将で統一しました。

1. 駒を動かして攻める

 9×9マスの将棋盤の中で、駒を使って対戦します。駒は、玉将(王将)、飛車、角行、金将、銀将、桂馬、香車、歩兵の8種類。双方が各20枚ずつ使います。駒の動き方と特徴はそれぞれ違うので、まずは駒の名前と動かし方を覚えましょう(詳しくは後述)。

2. 駒を取ると戦力アップ!

 相手の駒がいるマスに自分の駒を進めると、その駒を取って自分の駒にすることができます。どの駒で何の駒を取ってもOK。取った駒は「持ち駒」となり、相手を攻める時などに自分の駒として使えます。

3. 駒は成ることができる

 玉将と金将以外は、敵陣(相手の一段目から三段目)に進むと裏返して変身することができます。「成り」と言い、成ると駒の動き方が増えたり変わったりします。例えば「歩兵(歩)」が成ると「と金」になり、金将と同じ動き方ができるように。銀将、桂馬、香車は成ると元の駒の動きが消えるため、成らずにそのまま使い続けることもできます。これを「不成(ならず)」と言います。
 

1. 碁石は交点に打つ

 碁石は黒と白の2種類。盤上の線と線が交わる「交点」に打ちます。交点なら盤の端や隅に打ってもOK。順番は、黒が最初で次は白……と交互に打ちます(黒石を持つ人が先手)。1回に置ける石は1個だけで、一度置いた石は、間違いだと気づいても動かすことはできません。置き直すのはルール違反です。

2. 相手の石は囲むと取れる

 相手の石から出ている線を全て自分の石で囲むと、その石を取ることができます。2個以上並んだ石をまとめて取ることもでき、取った石は盤上から取り除きます。

3. 打てない場所がある

 相手の石で囲まれている場所には打てません。打った時に自分の石が取られる所(「着手禁止点」と言います)には打てないと覚えておきましょう(ただし、例外もあります)。

将棋は「指す」、囲碁は「打つ」と言うよ。

〈将棋 実践編〉対局してみよう “詰み”の形をつくって玉将を追い込もう!

駒の動かし方と特徴

【 】内は成った後の名称

○玉将または王将
前後左右斜め8方向に1マスずつ動けます。成ることはできません。

○飛車【竜王】
前後左右に何マスでも進めます。
竜王に成ると飛車の動きに加え、斜め四方にも1マスずつ動けます。

○角行【竜馬】
斜め四方に何マスでも進めます。
竜馬に成ると、それに加えて前後左右にも1マスずつ動けます。

○金将
前後左右と斜め前方に1マスずつ動けます。成ることはできません。

○銀将【成銀】
前と斜め前方、斜め後方に1マスずつ動けます。
横と後ろには動けません。成ると金将と同じ動き方になります。

○桂馬【成桂】
2マス先の右か左に進めます。全ての駒の中で唯一、自分や相手の駒を
跳び越えることができます。成ると金将と同じ動き方になります。

○香車【成香】
前方に何マスでも進めます。成ると金将と同じ動き方になります。

○歩兵【と金】
前に1マスだけ進めます。成ると金将と同じ動き方になります。

「王手」と“詰み”

 駒の動かし方がわかったら対局してみましょう。初心者でも、実際にやってみると将棋のおもしろさが実感できるはず。
 先に相手の玉将を取れば勝ちでしたね。次の手で相手の玉将が取れる状態にすることを「王手」と言い、玉将以外のどの駒でも王手がかけられます。盤上の駒を動かしても、持ち駒を使ってもOK。相手の玉将を逃げ場がない状態に追い込むと勝敗が決します。これを“詰み”と言います。
 “詰み”の基本形は「頭金」です。字の通り、金将を玉将の前(頭)に打った形(図一)で、玉将はどこにも逃げられません。将棋を指すと、早く王手をかけたい!と思うかもしれませんが、むやみに王手をかけても“詰み”に持ち込むのは難しいでしょう。玉将の逃げ道を確かめ、そこに行かせないようにいろいろな手を考える必要があります。
 先を読んで自分の駒の動かし方を考え、局面に応じて最善の手を選ぶ――。これが将棋の楽しみ方のひとつです。集中力や決断力が鍛えられる理由はここにあります。定番の攻め方や守り方などがたくさんありますが、まずは駒をのびのびと動かすことから始めてみましょう!

〈囲碁 実践編〉対局してみよう 石を取り合いながら自分の「陣地」を広げる!

「アタリ」を見つける

 囲碁は、石を取ることこそが最大の醍醐味!と感じる人が多いようです。実際の石の取り方や、取った石はどうするのかなど、7路盤を使って説明しましょう。
 石を取るために必要なのは、「アタリ」を見つけること。アタリとは、次の一手で取られてしまう状態を言います。
 図二を見てください。黒は、次にのどちらに打っても白を取ることができますね。これがアタリの状態。また、端や隅は石を取るのに絶好の場所です。図三では、黒は少ない石数で白を取ることに成功しています。相手を端や隅へうまく追い込むと、石を取れる確率がぐっと高まるのです。

正式な碁盤は、縦横に19本の線が引かれたもの(交差する点は361)。19本の路があるので「19路盤」と言います。「7路盤」は初心者向け。他に、「9路盤」「13路盤」などがあります。

取った石の使い道は?

 取った相手の石のことを「アゲハマ」と言います。最終的に相手の陣地を埋めるのに使います。

勝ち負けの決め方

 多くの陣地を取った方が勝ちです。図四を例に、実際にどのように数えるのかをみていきましょう。黒石、白石がそれぞれ端から端までつながって“柵”をつくっています。この柵の内側が「陣地」で、それぞれの陣地内にある交点の数が多い方が勝ちです。
 この時に登場するのが、アゲハマです。陣地を数える際、アゲハマで相手の陣地を埋めることができます。取ったアゲハマの数だけ、相手のポイントを減らせる、というわけです。数える単位は「目」。図四は、黒18目対白11目で、黒の7目勝ち!
 将棋と囲碁は一見難しそうに思えますが、意外とシンプルで親しみやすいゲームです。ルールを覚えたら、そのおもしろさと奥深さにやみつきになるかも? 年齢に関係なく誰でも楽しめるのも魅力のひとつです。気軽に始めてみませんか?

関塾

タイムス編集部

SEARCH

CATEGORY

KEYWORD

  1. 2021年4月号
  2. 2022年8月号
  3. タイムス編集部だより
  4. 2020年6月号
  5. 2021年9月号
  6. 2020年9月号
  7. 2021年5月号
  8. 2022年5月号
  9. 2020年5月号
  10. 2020年12月号
  11. 2021年2月号
  12. 2020年11月号
  13. 2022年9月号
  14. 2020年8月号
  15. 2021年10月号
  16. 2021年1月号
  17. 2022年4月号
  18. 2020年10月号
  19. 2021年6月号
  20. 2023年6月
  21. 2020年4月号
  22. 2021年8月号
  23. 2022年1月号
  24. 2021年11月号
  25. 2022年6月号
  26. 2021年3月号
  27. 2020年7月号
  28. 2021年7月号
  29. 2023年9月号
  30. 2022年2月号
  31. 2023年3月
  32. 2021年12月号
  33. 2022年7月号
  34. 2022年12月
  35. 2022年3月号
  36. 2023年10月号
  37. 2023年5月
  38. 2023年2月
  39. 2022年11月号
  40. 2023年4月
  41. 2023年1月
  42. 2022年10月号
  43. 2023年7月
  44. 2023年11月号
  45. 2023年8月号
  46. 2024年3月
  47. 2024年2月号
  48. 2024年1月号
  49. 2023年12月号
  50. 2024年4月
  51. 2024年5月