関塾タイムス2020年8月号

関塾タイムス8月号をホームページにアップしました!

特集記事①「ICT教育先端校の学び」では、ICT教育をいち早く導入し学びに活かしている2校を紹介しています。追手門学院大手前中・高等学校(大阪)は、1人1台のタブレットを使って様々な自学自習を行っており、中学校では全国に先駆けロボットプログラミング教育を開始。生徒がイキイキ学べる取り組みを実践しています。佼成学園女子中学高等学校(東京)は、1人1台のiPadを機軸に、特に力を入れている英語教育とグローバル教育を推進。海外の大学や提携校とのオンライン授業、英語の4技能習得などにICTを積極的に活用しています。先端校が進める"新たな学び"をぜひチェックしてくださいね!

特集記事②「本気の自由研究」は、60年の歴史がある「自然科学観察コンクール」のこれまでの入賞作から3作品をピックアップ。小さな疑問がアイデアと工夫次第で興味深い自由研究につながることが実感できます。

毎回全国の大学の学長先生にお話を伺っている「私の勉学時代」は、香川大学の筧善行先生のご登場です! ご自身の経験を踏まえて、「人生とはうまくいかない時にこそ重大なヒントがあるものですよ」というメッセージをいただきました。

今月号もどうぞお楽しみに!

関塾

タイムス編集部

SEARCH

CATEGORY