関塾タイムス2021年5月号

関塾タイムス5月号をホームページにアップしました!

特集記事①は「くずし字を読んでみよう!」です。漢字をくずして書いたくずし字は、ぐにゃぐにゃとつながっていて簡単に読めませんよね。そんなくずし字で書かれた古い資料を、一般の人たちにも手伝ってもらい解読する取り組み「みんなで翻刻」プロジェクトが進行中です。特集では、その中心メンバー、国立歴史民俗博物館の橋本雄太先生と、東京大学地震研究所地震予知研究センターの加納靖之先生に、プロジェクトの特徴などを伺いました。また、くずし字学習支援アプリ「KuLA」の使い方も紹介。基礎を学んでくずし字を読み解いてみましょう!

特集記事②「算数オリンピック ―過去問題に挑戦!」では、これまでの大会で出された問題からいくつかを紹介。自分の算数力を試してみませんか?

毎回全国の大学の学長先生にお話を伺っている「わたしの勉学時代」は、埼玉大学の坂井貴文先生のご登場です! 定時制高校の教員時代のこと、教員から研究者になられたきっかけなど興味深いお話を伺いました。「つらさは心を鍛えてくれます。いろいろな経験を積み重ねてタフな精神力を身につけましょう」とメッセージをいただきました。

今月号もどうぞお楽しみに!

関塾

タイムス編集部

SEARCH

CATEGORY