関塾タイムス2021年11月号

関塾タイムス11月号をホームページにアップしました!

特集記事①「伝統芸能ってどんなもの?」は、多くの伝統芸能の中から、能楽、歌舞伎、文楽(人形浄瑠璃)を取り上げ、それぞれの歴史や特徴を紹介しています。さらに、文楽の本場、大阪にある国立文楽劇場を訪れて、文楽の魅力をたっぷり伺いました。「よくわからないと思っていても楽しめます」と、初心者でも楽しめる鑑賞ポイントを教えてもらいましたよ!

特集記事②は「地図と親しもう」です。江戸時代に日本で初めての実測日本地図を作った伊能忠敬。1821年に地図が完成して今年はちょうど200年です。忠敬がどうやって正確な地図を作ったのか、その秘密に迫りました。

毎回全国の大学の学長先生にお話を伺っている「わたしの勉学時代」は、国際基督教大学の岩切正一郎先生のご登場です! 大学でフランス語を学ばれたのは、フランスの文学作品を翻訳ではなく原文で味わいたいと思われたからだそう。「関塾生の皆さん、自分が好きなことをやりましょう。苦手なことでも、その中に好きな部分を見つければ突破口が開けます」とメッセージをいただきました。

今月号もどうぞお楽しみに!

関塾

タイムス編集部

SEARCH

CATEGORY