関塾タイムス2021年9月号

関塾タイムス9月号をホームページにアップしました!

特集記事①「AI(人工知能)とひらく未来」は、電気通信大学副学長・坂本真樹先生の研究を紹介。先生が取り組まれているのは、普段よく使う、ふわふわやゴロゴロといったオノマトペがわかるAIの研究です。“オノマトペを理解し人の気持ちに寄り添えるAIができたら、将来はAIに悩みを相談することになるかもしれませんよ”とおっしゃる坂本先生にお話を伺いました。

特集記事②は「現代短歌がおもしろい!」。短歌が今、SNSを中心に若い世代で静かなブームになっています。次世代を感じさせるユニークな作品を、注目の若手歌人や話題の歌集からピックアップしました。短歌作りのポイントも紹介しているので、31音で表現する短歌の魅力に触れて、自分でも作ってみてくださいね!

毎回全国の大学の学長先生にお話を伺っている「わたしの勉学時代」は、長岡技術科学大学の鎌土重晴先生のご登場です!「様々な人と交流する中で違う意見を持つ相手に出会ったら、否定し合うのではなく互いを認め合いましょう。将来、社会で活躍するためには、多様な考え方を受け入れ認め合うことが大切です」とメッセージをいただきました。

今月号もどうぞお楽しみに!

関塾

タイムス編集部

SEARCH

CATEGORY