>>バックナンバーはこちら

 
 
●高校入試の数学で最も重要なのは、二次方程式の解の公式です。
関数や図形の問題でもよく使うので、これだけは絶対に忘れないようにしましょう!
(大阪府 Dr.関塾彩都西駅前校 T先生)

●数学の文章問題は、図に起こして考えるといいですよ。グラフの問題は縦軸と横軸に注意して解きましょう。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 K先生)
●大学を受験する皆さんは、英語の長文で知っている単語が出ても安心しないこと。
覚えた意味とは違う使われ方をすることもありますので、文脈からしっかりと意味を読み取りましょう。
(東京都 Dr.関塾としま長崎校 S先生)
 
●数学は、やればやるだけ点数がアップする教科です。特に苦手分野の問題は繰り返し解きましょう。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 T先生)
 
●中学英語の基礎は、教科書の巻末にある基本文や不規則動詞一覧表などを利用してマスターしましょう。
復習にぴったりですよ!
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 S先生)
 
●数学は時間との勝負。本番で「これは解けないな」と思ったら、思い切って切り捨てるのも手です。解ける問題でミスをしな いことを徹底しましょう。
(岐阜県 Dr.関 塾大垣東ユニテツク校 M先生)
 
●試験直前は、社会科や理科の用語、数学の公式などを覚えるようにしましょう。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 K先生)
 
●英単語は1日10分でもいいので毎日覚えるようにしましょう!
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 S先生)
 
●社会科や理科の用語などは、暗記しても忘れることがあります。
「忘れてもともと、覚え直せばいい」の精神で、焦らず、最後まで諦めずに勉強しましょう。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 N先生)
 
●どの教科においても、各単元の基礎を理解することです。英語の場合は、英単語力、文法力、リスニング力を磨くことを心がけましょう!
(大阪府 Dr.関塾尾崎駅前校 K先生)
 
●受験直前は、社会科などの暗記科目が伸びる時期。数十点アップも期待できますので、目標は高く、最後まで諦めずにがんばりましょう!
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 T先生)
 
●英語の長文が苦手な人は、少しの時間でもいいので、毎日英文にふれるようにしましょう。読解力がアップします。
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 S先生)
 
●1週間に3回復習すると、記憶が定着するという話もあります。暗記が苦手な人も、諦めずに繰り返しチャレンジしましょう。
(埼玉県 Dr.関塾八潮松之木校 教室長・M先生)
 
●受験にチャレンジする皆さん、英語のスペルは大丈夫ですか? 曜日や12か月の名前、数字、序数、季節名などはリスニングで必ず登場します。しっかり覚えましょう!
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 K先生)
 
●社会科で高得点を目指すなら、用語の説明に取り組んでください。用語について自分で説明ができるようになれば、どんな出題形式にも対応できますよ。
(長野県 スクール中御所校 N先生)
 
 
 
●志望校の過去問題を繰り返し解きましょう。解答する時間の感覚、出題の傾向などがよくわかりますよ。苦手なタイプの問題は、問題集などを使って復習しましょう。直前であっても、必死にがんばれば結果は出ます! がんばれ受験生!
(千葉県 Dr.関塾志津駅校 塾頭・T先生)
 
●定期テストや学校のプリントなどをノートにスクラップし、できなかった問題は左側に、解説やメモを右側に入れておくと、 「濃い」ノートの完成です。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 A先生)
 
●受験直前の時期こそ、過去問題です。できなかった問題を抜き出して繰り返し解きましょう。
(愛知県 スクール平 田西校 K先生)
 
●単語カードは、英単語だけでなく、社会科や理科の用語の暗記にも応用できますよ。
(千葉県 Dr.関塾松戸六高台校 教室長代行・O先生)
 
●この時期に、新しい問題集に手を出すのはNG。今まで使ってきた問題集や教科書をしっかりと復習するほうが、力がつくはずです!
(大阪府 Dr.関塾彩都西駅前校 Y先生)
 
●私も活用していた「A4シート短冊メモ」がおすすめです。いつでも、どこでも覚えられますよ!
(東京都 Dr.関塾新川1丁目校 A先生)
 
●問題集の解答はノートに書いていきましょう。まちがえた問題には印をつけていき、できるようになるまで繰り返します。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 H先生)
 
●まちがえた問題、覚えられなかった内容は、ノートにまとめ ましょう。本番前日の夜は、そのノートだけ見返せば良いですよ。
(岐阜県 Dr.関塾大垣東ユニテツク校 O先生&K先生)
 
 
●“First things, first.(一番大切なことを、最初に)”。これは、私が格言としている言葉です。ケータイやゲームなど、皆さんの周りには誘惑がたくさんあります。ついそちらに時間をとられがちです。しかし、皆さんが今やらなければいけないことは勉強です。誘惑に負けずに、大切なことを優先する習慣を身につけましょう!
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 S先生)
 
●時には、わからなかったところは基礎に戻ってやり直す勇気も必要です。
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 K先生)
 
●ライバルの学力は、あなたとほとんど同じです。ならば、絶対に解ける問題を落とさないこと!慌てず、焦らず解答しましょう。
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイ パス校 B先生)
 
●どうしても自分の力だけでは解けない問題があれば、 遠慮なく関塾の先生に相談してくださいね!
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 教室長・O先生)
 
 
 
 
●当日、緊張しそうな時には、深呼吸を3回して問題に取り組みましょう。 前の日の夜にたっぷりと寝ておくことも、当日のコンディションを保つ秘訣ですよ。
(兵庫県 スクール芦屋山手校 塾頭・O先生)
 
●会場に入った時から、意識的にゆっくりと呼吸をしてみてください。不思議と不安や焦りが減っていきます。効果ありますよ。 (神奈川県 Dr.関塾東寺尾校 教室長・S先生)
 
●「本番前日は、不安や緊張から眠れないかもしれない」という悩みをよく聞きます。そんな時は、ベッドに入って目を閉じ、1年間の出来事を振り返ってみましょう。これまでがんばってきたことを思い出せば、安心して眠れるはずです。
(東京都 Dr.関塾世田谷船橋校 教室長・N先生)
 
●不安になったり、緊張したりした時は、口で十回 「絶対合格!」と唱えましょう。「口」+「十」=「叶」。 絶対に叶います。最後までがんばりましょう!
(鹿児島県 Dr.関塾中山バイパス校 T先生)
 
●本番前日はよく眠ること。温かい飲み物でリラックスして、早めに寝ましょう。当日は存分に力を発揮できるはずです!
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 T先生)
 
●模試や入試本番では、周りの受験生がとても優秀に見えるかもしれません。しかし、裏を返せば、あなたも周りからそう見えているのです。不安に思うことはありません。
(東京都 Dr.関塾南葛西1丁目校 S先生)
 
●これまで勉強してきた問題集やノートを眺め、 「これだけやったから大丈夫!」と自分に言い聞かせましょう。
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 G先生)
 
●入試本番では「自分の実力を志望校に見せつけてやる!」「自分のすごさを、周囲に思い知らせる機会がきた!」と、思い切り自惚れてOK。
(茨城県 Dr.関塾佐和駅前校 O先生)
 
●志望校に合格して通学している自分の姿をイメージしてみましょう。校門の前で写真を撮って御守りにするといいですね。モチベーションを保てるおまじないです。
(京都府 Dr.関塾篠町馬堀校 H先生)
 
●これまでの勉強の成果を存分に発揮するのが入試です。大切なのは、自分の力を信じること!
(福岡県 Dr.関塾福岡中尾校 教室長・O先生)
 
●入学後の自分を想像しましょう。不安や緊張が薄らぎ、落ち着くことができるでしょう。
(神奈川県 Dr.関塾幸区役所前校 K先生)
 
●試験が始まったら、まずは目を閉じ、周りの音を聞きます。「みんな必死なのに、自分はまだ問題すら見ていない。余裕があるな。この試験は楽勝だ!」と自己暗示します。私の場合は効果がありました!
(神奈川県 Dr.関塾ダイエー相武台校 Y先生)
 
●模試でいい点数だった、クラブ活動で良い成績だったなど、これまでの成功体験を思い出すと、 気分転換ができて不安や緊張がやわらぎますよ。
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 S先生)
 
●試験が始まると同時に目を閉じます。そして「自分はできる!」と心の中で唱えましょう。深呼吸をして心を落ち着かせたら、解答開始です!
(山梨県 Dr.関塾メディアブレイン小瀬校 教室長・ I先生)
 
 
 
●本番前日は、特別なことはせず、いつも通りの時間に起き、食事をし、寝るようにしましょう!
(埼玉県 Dr.関塾せんげん台校 T先生)
 
●入試前日に風邪をひいてしまっても、眠気を招く風邪薬はのまないようにしましょう。集中力が落ちてしまいます。試験会場では、保温効果のある下着などを身につけるようにしましょう。
(茨城県 Dr.関塾勝田笹野町校 塾頭・N先生)
 
●全力でがんばれるチャンスなんて、人生でそうそうありません。大人になって振り返った時に「私、こんなにがんばれたんだ!」と胸を張れるようにしたいですね!
(岐阜県 Dr.関塾大垣東ユニテツク校 T先生)
 
●私が受験生だった時、本番当日に風邪をひき、熱が出てしまいました。それでもいざ問題を解いてみると、いつも通りの実力が発揮できました。しっかりと勉強していれば、どんなコンディションであっても結果を出せます。体調管理は大切ですが、万が一の時も焦らず最後までがんばりましょう。
(兵庫県 Dr.関塾西宮山口校 S先生)
 
●関塾には毎日通って来てください! 大歓迎です!
(東京都 Dr.関塾戸越銀座校 教室長・ T先生)
 
●支えていただいた方々への感謝を忘れないこと。勝負は時の運と心得えて、合否に一喜一憂しないこと。合格しても驕ることなく、合格できなかった人のことを思い精進を怠らないこと。親から受けた恩は、世の中に返すこと。受験だけがすべてではない、人生は死ぬまで勉強であるということ。
(兵庫県 進学アカデミー 北条栄智校 塾頭・N先生)
 
●不安でたまらなくなった時、遠慮せずに関塾の先生に相談してください。関塾の先生方にとって、君たちのことが一番大切なのです。 一緒に最後まで戦います。だから、思っていることはどんどん吐き出してくださいね!
(埼玉県 Dr.関塾高坂駅前校 教室長・K先生)
 
●塾の先生方から、いろいろな言葉をもらっていると思います。それを信じてください。そして、がんばってきた自分のことも信じてください。ともに戦い抜きましょう!
(千葉県 Dr.関塾志津駅校 T先生)
 
●当教室では、毎年、塾生の皆さんに贈る3つの封筒があります。3つめの封筒の最後には、こう書いています。「君は本当によくがんばってきた。君は先生たちの誇りだ。ただ、君がこの状況に立ち向かえるのは、支えてくれた周りの人達がいるおかげだ。家を出る時に、ひと言でいいから感謝の言葉を家族に伝えてほしい」
(埼玉県 Dr.関塾行田門井町校 教室長・T先生)
 
●努力した分だけ、結果として表れます。自分に自信を持ちましょう!
(兵庫県 Dr.関塾姫路天神前校 K先生)
 
●本番では、自分でも信じられないようなミスをする可能性があります。どういったミスをしてしまいそうか、シミュレーションしておくと予防になりますよ! (東京都 Dr.関塾としま長崎校 K先生)
 
●今までやってきたことを信じ、自分を信じることで、前向きに入試を戦えるはずです!
(大阪府 Dr.関塾堺住吉橋校 M先生)
 
 

関塾に通いたい方

関塾で働きたい方

バックナンバー

協力校

Page Top